住宅ローンの返済が困難になったとき、ご自宅が競売になってし
まう前に、住宅ローンの融資を受けている人と金融機関の合意を
得たうえで、融資の返済ができなくなった不動産を売却する手続
きの事を「任意売却」といいます。

今話題の働き方改革による残業代カット、リストラ、ボーナスカ
ットによる収入減、会社倒産や離婚等の理由で住宅ローン返済に
お困りの方の解決方法です。

任意売却には正しい知識と理解が必要です

お客様
全くの素人で何から始めたらいいのか何もわからないんです・・

代表 郡山
様々な経験と豊富な知識で、お客様の任意売却をサポートいたします!

住宅ローンの返済が困難になったとき、ご自宅が競売になってし
まう前に、住宅ローンの融資を受けている人と金融機関の合意を
得たうえで、融資の返済ができなくなった不動産を売却する手続
きの事を「任意売却」といいます。

今話題の働き方改革による残業代カット、リストラ、ボーナスカ
ットによる収入減、会社倒産や離婚等の理由で住宅ローン返済に
お困りの方の解決方法です。

あなたとご家族の意見を優先します

「今月の返済ができそうにない」「ついに滞納してしまった」「差押通知が届いた」など、初めておこる出来事に不安になり、誰にも相談出来ず一人でふさぎ込んでしまうという方は少なくありません、奥様とのペアローンであったり、連帯保証人がある場合はなおさら迷惑をかけたくないと思うのもわかります。

ただ一人で考え込むのはよくありません、心の病や体調を崩すことになれば事態を悪化させかねません、そんなときは弊社にご相談ください。

家も直ぐに取られてしまうわけではありません、まだまだできることはたくさんあるのです。

まずは現状を認識し、正しい知識で考え方の舵を一緒に修正していきましょう、良いことも悪いこともお話しさせていただきます。
リセットするために取るべき対処法を一つ一つ丁寧に進めていきましょう。

今までよりも良くなりますよ、きっと、大丈夫です。

費用の心配は無用です

任意売却を考えるにあたって「それっていくらくらい必要ですか?」「そのお金が用意できないと任意売却はできないの?」と質問されることがあります。確かに気になることと思います、ですがそれ程心配する必要ははございません任意売却のご相談やご依頼時から完了時まで売主の持ち出し費用はかかりません、無料です。不動産の売却代金の中から配分されます。これは依頼者には嬉しいです。詳しくは任意売却の費用ページを参照ください

※引越し費用について

競売では引越し代が支払われないケースがほとんどですが、任意売却では債権者が売却代金から引越し代を配分しくれることもあります。
但し一定の条件に該当する場合や債権者によって対応が違ったりします、弊社では他の対応も検討させていただきます。

※一部不動産業者は初めから引越し代〇〇円お渡し、等と安易に謳うところもありますが気をつけください。

任意売却のメリットと競売のデメリット

任意売却のメリット
競売のデメリット

相場で売却活動を行うので、売却後の残債を少なくできる。

相場よりも安く落札されることが多く、家を売却してからも多くの残債が残る

一般的な売却と同じ売却価格なので、経済状況を近所に知られることは無い

チラシやネットでの公開、業者が近所にヒアリングする等で経済状況が苦しいことが近所に知られてしまう。

契約時期や引越時期などの希望について相談することができる。

裁判所の職権により、強制的に売却され、落札者から立ち退きを迫られる。

債権者と協力しながら、売却を進めていけるので、交渉により、少しずつ無理なく返済できる。

残債務の返済の方法を交渉できない。

引越費用がもらえる可能性が高い。

引越費用などがもらえない

一般的な売却と同じ売却活動なので、気持ちの切り替えがしやすい

競売で処分したという負い目を感じてしまう。

お引越しのご相談

手続きを進めにあたり、リセット後に大切な引越し先も考えなくてはいけません。

任意売却後に住まいを探す場合多くは賃貸物件に引越すにあたり、かなりの方から「良い物件が見つかるだろうか?」「審査は通るだろうか?」との不安を聞きます。

はっきり申しますと任意売却をしたことは賃貸の審査に影響しません、賃貸保証会社の審査は賃貸保証会社独自のもので、カードローンや住宅ローンの履歴などの個人情報機関の個人情報は参考にしません。

お子様の学区や勤務先との距離などで心配する方もあると思います。お部屋探し、引越しの手配、ゴミ処分業者の手配等出来る限りお力になります

残債務について

競売よりは市場価格に近い金額で売却出来るため残債務は圧縮できるのは任意売却のメリットで債務者にもメリットですがそれでも売却代金よりもローン残高のほうが多いことがほとんどです。つまり任意売却後残った債務をどうするかも気になる点です。

残債は債権者と相談の上で分割返済にしてもらうことが可能です。気になる月々の返済額も「可能な範囲で良い」というケースが少なくありません、

具体的な金額で申しますと月々5千円~3万円の範囲で済むことが多いです。
更に数年返済を続け、見直し時に「今回一括で〇〇万払ってくれればあとはゼロにする」等の和解案を提示されることもあります。

任意売却を選択したおかげで債務が10分の1で債務ゼロになる事もあります、世の中捨てたもんじゃありません、諦めないで弊社に相談下さい。

売却後もトータルサポート

任意売却後前述の通り、引越しや残債務についての対策で一息つかれる方の他、やはり残債務が払えない場合の対応としての選択肢として自己破産があります。

自己破産の手続きは弁護士の業務となります、自己破産自体はいくつかのデメリットはありますが世間で思われているほどのことはないと考えます。

ただ注意点としては家を持ったまま自己破産すると管財事件として扱われ、破産費用なども発生し、家を処分する権限もすべて管財人に移り、依頼者の任意はくみ取られないという事になります。

これに対し任意売却を行った後に自己破産すると「同時廃止」として扱われ、依頼者の置かれている状況や生活を視野に入れた最善な選択ができます。

その後は専門業者と連携している弁護士、税理士などのフォローと共にリセット後の新しい生活をスタートできる様専門家のご紹介も弊社の大切なサポート業務とさせていただいております。

是非早いご相談をお待ちしております。

任意売却とは?

お気軽にお問い合わせください。0120-330-733受付時間 9:30~18:00・メールは24h対応

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。