任意売却の費用は無料です

任意売却の費用
依頼者の負担は0円 現金の持ち出しは不要です

お客様
任意売却の費用について教えてください!

代表 郡山
はい、費用について下記をご参照ください!
少しでも分からないことがございましたらお電話もしくはお問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください!

任意売却の費用について

代表 郡山
依頼者のご負担は0円です。現金を用意する必要はありません。

任意売却は不動産会社の専門業務です、よって売買が成立した際には成功報酬として仲介手数料は必要になります。仲介手数料は

仲介手数料=売買代金の3%+60,000円+消費税

が上限です。この仲介手数料は通常の不動産物件の売買手数料と全く同額で、かつ
債権者が受け取る売買代金から支払われます、従って任意売却の依頼人が負担することはありません。

これ以上の費用を依頼者に請求することはありません。任意売却の大きなメリットです。

(但し印鑑証明や評価証明などの書類は負担いただく場合がございます。)

売買代金から、支払われる(配分される)必要な諸費用
  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 管理費延滞分
  • 固定資産税滞納分
  • 差押解除の費用
  • 残置物処分費用 など

*すべてが保証されるものではありません。ケースバイケースで認められない場合もございます。

引越費用・生活資金について

代表 郡山
さらに、任意売却のメリットとして、売買代金の中から、転居費用に係る引越費用や生活資金が配分されることです。

但し、一律に〇〇円と金額が決まっているものではなく、債権者との交渉や売買金額など様々な状況により決定します。従ってこの引越し費用が配分されるか否や、費用の増減などはパートナーに選んだ不動産業者の交渉力により異なります。

配分事例(マンションの場合)

売買金額 2000万円の配分

諸経費(配分先)金額
 仲介手数料(不動産会社)    712,800円
 管理費滞納金(管理組合)    200,000円
 固定資産税滞納金(自治体)    250,000円
 抵当権抹消費用(司法書士)      18,000円
 引越費用・生活資金(依頼者)    300,000円
 住宅ローン返済分(金融機関) 18,519,200円

*あくまでも配分事例です配分される金額は、各案件ごとに異なります。

任意売却が失敗した場合の費用は・・・

代表 郡山
任意売却が失敗・取引が成立しなかった場合は、依頼者のご負担は0円です。一切の費用負担はございません。

当社が依頼者から頂く仲介は、あくまでも成功報酬です。不動産売買契約が成立しなければ、一切の費用請求は行いません。

任意売却の最大のメリットは、依頼者の金銭的なご負担がなく、しかも、引越費用などの資金の配分が受けられることです。

任意売却とは?

お気軽にお問い合わせください。0120-330-733受付時間 9:30~18:00・メールは24h対応

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。