任意売却はどこに頼めばいいの?

任意売却は一般の売却活動に比べいくつかのスキルが必要です。一般的な販売活動にプラスして、査定の方法、金融機関との交渉、滞納税金の相談、決済の取りまとめ等がそうです。
ところが街の不動産業者の多くは、大手を含め任意売却を扱ったことのない営業マンがほとんどです。特に重要な債権者との交渉の経験がないのです。
複数の債権者がいたり、保証人がいたり、市税などの差押えなどついているときはお手上げなってしまうでしょう。

任意売却業者を選ぶことはお客様にとても重要なパートナー選びです。
信頼できるパートナーを慎重にお選びください。

住宅ローン問題や任意売却は、下記のような業者が窓口としてあります。

1.債権者から依頼を受けた不動産会社

住宅ローンを滞納した金融機関が任意売却を勧められその際に不動産会社を紹介されることもあります。その場合あなたの意思や家族の要望、引越し代の交渉に熱心ではなく、事務的に紹介して貰った金融機関に有利な方法で任意売却が行われます。

残債務の月々の返済額が多くなってしまったり、破産と決めつけて話を進めてくるということもあるようです

2.任意売却専門業者

現代はネット社会をいわれ、ウェブサイトは便利で欲しい情報が素早く手に入ります。「任意売却」で検索すればずらりと様々なサイトが出てきます、そのほとんどが「任意売却専門〇〇」「全国対応〇〇」といったポータルサイトです、
そこに相談を持ちかけるとその後まったく知らない別の会社から連絡がきた、関東にある会社から電話がきて信用できるのか心配になった、という声もあります。

そもそもその土地に不動産の動きについては地元をよく知る業者でないと把握できせん、地場に精通していない業者がどんな対応ができるかは疑問です。

また競売の手続きが進み「配当要求終期のの公告」後になると任意売却関連業者や知らない業者がダイレクトメールを送ってきたり、直接訪ねて来られたりします。あぶない雰囲気に困惑することもあるようです。

3.弁護士などの法律の専門家

住宅ローンの返済に困ったときまず頭に浮かぶのは弁護士ではないでしょうか?中には親切で良い先生もたくさんいらっしゃるようですが、忙しいと話を聞いてくなかったり、上から目線だったり、多くが破産を勧められた、という方が少なくありません。
任意売却をしたからといって必ず自己破産しなくてはならない訳ではありません、単なる一つの手段です。

当の弁護士も不動産の売却は不動産業者に依頼することになります、親身になって残債や引越しの費用などのサポートしてくれるのもその不動産業者です、
極端な言い方をすると自己破産しない限り法律専門家の出番はないといえます。

4.任意売却も得意な,地域密着の不動産会社

外観写真

地元密着で不動産の売却が得意で、任意売却の経験も豊富な不動産会社であれば安心です。
お客様の立場に立って誠心誠意対応した任意売却を行っております。
住宅ローンの問題は人に言えず抱え込んで苦しいものです。お一人で悩まずにまず一度「宮城住宅ローン破綻防止ネット」セドナハウスへ相談・お任せください。

競売不動産取引主任者の資格のあるスタッフと連携する弁護士、司法書士、税理士、そして企業経営者向けに認定企業再生士も含めたプロ集団がサポート致します。
今の苦しい心から、リセットし新しい一歩を踏み出せるお手伝いを全力で応援致します。
人は誰でも再生できます、大丈夫です。安心してご相談ください。

住宅ローン8つの支援プラン

  1. 1.借り換え・リスケジュールのアドバイス
  2. 2.ライフプランの見直し
  3. 3.各種専門家のご紹介(債務整理、離婚等)
  1. 4.親族間売買
  2. 5.セール&リースバック
  3. 6.リバースモーゲージ※詐欺に注意
  1. 7.任意売却・残債務のフォロー・生活支援
  2. 8.競売・落札サポート

任意売却とは?

お気軽にお問い合わせください。0120-330-733受付時間 9:30~18:00・メールは24h対応

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。